So-net無料ブログ作成
検索選択

宅建必勝法 [資格試験]

今年の宅建の受験受付も終わり、いよいよ不動産業界では宅建合格へ向けてのさまざまな動きが始まります。

私の場合は、会社の先輩に「受からなければ眉毛と頭をそり落とす」と脅され、独学で10数年前に合格しましたが、一度落ち癖がつくと、10回も20回も落ちる意外に難しい試験です。おおむね合格率は15%前後です。

試験が年一回、10月の第3週の日曜日にありますが、その試験日前の1週間を休んでまでして試験に臨む受験生もめずらしくありません。

ただし、私の知る限り1週間の短期間で合格した人は全くいません。合格には、最低3ヶ月の勉強時間が必要です。しかしながら、不動産業は、深夜残業や飲み会の誘いも多く平日帰宅後勉強するのは、多分無理です。

しかし、休日だけの勉強では、勉強時間がたりません。私のおすすめは、通勤時間や移動時間の勉強です。職種にもよりますが、1日の移動時間は、通勤時往復1時間、業務上移動が1時間くらいはあるものです。私はこの時間を有効活用しています。

また、勉強する参考書にも一工夫しています。まず参考書はしっかりしたものを1つ(通常上下巻に分かれているので、2冊になります)選びます。不合格になる多くの人がたくさんの参考書を買っているのを見受けますが無駄です。

2冊に分かれているものでも通勤や移動時に持ち歩くには厚く重いので、3分割にして150ページほどの薄い持ちやすいものにカスタマイズします。

これを常に持ち歩き、移動時に読み込みます。不思議と電車の中は集中できます。他にすることがないからです。スポーツ新聞や雑誌は、秋までお預けです。

また、人間は3日たてば忘れる生き物なので、3日で1分冊読み込むペースで、読み終わったら再度その分冊をまた3日で読み込みます。

けっして続けて最後まで読んではいけません。最初に戻るころには、読んだ部分を忘れてしまって無駄になりますので。

これで、1とおり2回読み込んだら、もう9週間過ぎて、あと2週間しかありません。あとは、ひたすら問題集をときまくり、知識の整理をするのと、問題慣れします。ここまでできればきっと合格です。

  読んだあとは是非この下のリンクをクリックしてください。 

少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

pvranking
に参加してね。 

一発合格 らくらく宅建塾〈2007年版〉

一発合格 らくらく宅建塾〈2007年版〉

  • 作者: 佐藤 孝
  • 出版社/メーカー: 週刊住宅新聞社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本
過去問宅建塾 2007年版 1―宅建塾問題集 (2007)

過去問宅建塾 2007年版 1―宅建塾問題集 (2007)

  • 作者: 佐藤 孝
  • 出版社/メーカー: 週刊住宅新聞社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本
通勤・通学時間でうかる! iPod宅建講座<2007年版>

通勤・通学時間でうかる! iPod宅建講座<2007年版>

  • 作者: 松本 佳也
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/03/09
  • メディア: 単行本
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1