So-net無料ブログ作成
検索選択

用地仕入れ絶好調? [マンション用地仕入れ]

ほんの数ヶ月前まで、過去に例がないほど不足していたマンション用地の売り情報が急増しています。

東京ツインパークス

昨年一昨年あたりは、資金力・土地持ち重厚長大企業との人脈・知名度・開発能力で優れた超大手不動産会社、トップの判断で高値で入札物件をさらう新興デベロッパーが少ないマンション用地を寡占するという状況でした。

ところが、ここ数ヶ月で新興デベロッパーを売主とするいわゆる転売物件が数多く出回り始めているのです。新興デベロッパーは、用地購入の際、やや金利の高めのノンバンクや地方銀行、信金で資金を調達するケースが多いようです。その金利が今年に入ってじわじわと上がってきています。さらには、マンション事業は、投資から資金回収まで何年もかかる体力勝負の事業。市場の変調で予定の売り上げが予定期間内に上がらなければすぐに赤字になります。

昨秋から始まったマンション「新価格」の売れ行きの好・不調が、新興デベの売り逃げを促進していると考えられます。ただし、都心物件は、まだまだ絶好調で、売り情報が多いのは、郊外、城東、城北に限られます。

また、価格についても当然昨年高値でつかんだ物件の転売なので、高止まりしてしまっています。

さらに、昨年買えなかったデベロッパーは、このままでは存続が危ぶまれるので、高値でも買ってしまっているようです。そういう流れでは、まだまだ普通の用地市場にはまだ戻らないので、厳しい状況がしばらく続きそうです。

   少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本

時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本

  • 作者: 角川 総一
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本

買っていい一流マンションダメな三流マンション

買っていい一流マンションダメな三流マンション

  • 作者: 碓井 民朗
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2006/01/20
  • メディア: 単行本

 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 3

リビリィです

新築マンション検索のリビリィ
このサイトは全国の分譲物件が全て検索できます。
ぜひ試してみてください。
http://www.livily.net
by リビリィです (2007-07-02 13:49) 

plusgate

マンション業界はほんとに耐力&体力勝負ですね。
by plusgate (2007-07-03 20:30) 

kei

サメが泳ぎをやめると呼吸ができず死んでしまうように、マンション業界は土地を買わないと事業が止まり倒産してしまうのです。
by kei (2007-07-08 19:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1