So-net無料ブログ作成

建付地の鑑定評価 [鑑定実務]

今週は無事不動産鑑定士の登録が終わって初めて迎える週でした。
tokyo.jpg
まずは、週の初めに不動産鑑定士協会への登録申請を行いました。

1週間ほどで登録が終わるということでしたので、来週には協会所属の鑑定士としてやっと自分の名前で協会の事例を取得して、評価を行うことができるようになります。

修了考査の合格から鑑定士の登録申請を最短で行った結果、なんとかぎりぎり新年度を不動産鑑定士として迎えることができそうです。

そんなすがすがしい気持ちで過ごそうと思ったのですが、実務の方は難案件が目白押しで毎年行っている業務なのに四苦八苦しました。

さらに追い打ちをかけるように、初めて実務経験する類型の案件の依頼が来て、この週末に勉強しなくてはいけません。

それは「建付け地」の評価です。
確かに実務修習のお題でにもあった類型ですので、基本的な手法は分かるのですが、今回は建物が新しく収益性も高い、「建付増価」が認められる案件です。

修習で経験した案件は、古い建物付きの土地で明らかに、土地の再有効使用ではないと判断できたので、取り壊し費用の現在価値相当額を更地価格から控除して建付減価をして価格を求めたのですが、今回はこのやり方は通用しません。

収益価格を出して、積算価格との差額を土地建物に割り振るというのですが、その按分方法が単なる積算価格の土地建物比だけではなく、限定価格で使う買い入れ限度額比等も使うというのです。

鑑定士になってもまだまだ週末も勉強が続きます。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
特殊な権利と鑑定評価

特殊な権利と鑑定評価

  • 作者: 土地評価理論研究会
  • 出版社/メーカー: 清文社
  • 発売日: 2012/02
  • メディア: 単行本
東京リーガルマインド 資格のLEC  不動産鑑定士 モバイル鑑定評価基準(平成26年改正対応)(レジュメ)

東京リーガルマインド 資格のLEC  不動産鑑定士 モバイル鑑定評価基準(平成26年改正対応)(レジュメ)

  • 作者: 東京リーガルマインド LEC総合研究所 不動産鑑定士試験部
  • 出版社/メーカー: 東京リーガルマインド
  • 発売日: 2015
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0