So-net無料ブログ作成
検索選択

不動産鑑定士の翻訳業務 [海外業務]

今週は、久しぶりに鑑定評価書の英訳業務を行いました。
hoshinoya.jpg
通常海外業務は、日系企業からの依頼のほうが多く、海外の鑑定士が作成した海外の不動産の評価書を和訳するのが通常です。

今回は、外資系企業からの依頼で日本国内の評価書を海外の本部へ報告を行うため、英語で作成してほしい旨要望がありました。

私は英語はネイティブではないので、英文の評価書を理解して適切な日本語を探すという方が、非常に楽です。

日本の鑑定評価制度は、おおむね世界基準ですが、都市計画、建築等の制度、特殊アセットの法的背景等が各国それぞれ異なるので、日本語を単純に英訳するだけでなく、伝える相手側の諸制度も理解して説明しなければなりません。

普段から不動産、建築関係の制度には慣れてはいますが、特殊アセットを取り巻く法律となると、まったくと言っていいほど分かりません。

今週は、一から特殊アセットにかかわる法律までも英語で勉強しました。
基本的な考え方は同じでしたが、日本国内の方がはるかに法律が複雑で、海外から見た日本の非関税障壁とはまさにこのような分かりずらい法律あるのだと実感しました。

来週は、海外からその特殊アセットにかかわる来客があるので、習得した知識をフル活用してみようと思います。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。