So-net無料ブログ作成

JAREA-RICS事業評価セミナー参加 [研修]

今週は、鑑定士登録後初の集合研修となる「JAREA-RICS事業評価セミナー」に参加してきました。

toranomon hills.jpg
このセミナーには、まだ実務修習中であった2年前にも参加し、今回は講師が香港の方から日本の方に変更になっていたので、大変楽しみにして参加しました。

セミナーは、2部制で、第一部はRICSジャパン駐日代表の小嶋氏による制度概要に関する講義、第二部は日本公認会計士協会 ・経営研究調査会バリュエーション専門部会専門委員の中嶋氏によるIVS(国際評価基準)の事業評価の概要についての講義でした。

2年前に参加した際には、不動産鑑定士である講師の方が、事業評価は不動産鑑定士がやるべき評価として、企業の成長段階に応じて3手法を使い分けるという興味深いお話を聞くことができました。

今回は、制度概要の説明の中で限りなく不動産鑑定士が事業評価を行うことは困難という趣旨の説明があり、がっかりしたうえ、後半の講義もせっかく日本での企業評価の第一人者の講義であるにもかかわらず、時間不足の否めない状況で終了となってしまいました。

講義終了後には活発な質疑応答もあり大変参考になった講義でしたが、改善の余地は大きいものと参加した知人の多くは感じていたようです。

先日の国土交通省の報道発表で、今後不動産鑑定士の研修への参加が義務付けられる方向と報じられたこともあり、当日の研修で会った修習同期に勤務先の集合研修への理解度を尋ねてみると、「研修に行く暇があるなら仕事をしろ」というところが多いようです。

久しぶりに会った同期と研修後飲みにでも行きたかったのですが、皆業務が忙しいらしく、足早に研修会場を後にし、事務所に戻って行きました。

研修の義務化には色々とハードルがありそうです。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
Investment Valuation: Tools and Techniques for Determining the Value of any Asset, University Edition (Wiley Finance Series)

Investment Valuation: Tools and Techniques for Determining the Value of any Asset, University Edition (Wiley Finance Series)

  • 作者: Aswath Damodaran
  • 出版社/メーカー: Wiley
  • 発売日: 2012/04/17
  • メディア: ペーパーバック
Valuation: Measuring and Managing the Value of Companies, University Edition (Wiley Finance)

Valuation: Measuring and Managing the Value of Companies, University Edition (Wiley Finance)

  • 作者: McKinsey & Company Inc.
  • 出版社/メーカー: Wiley
  • 発売日: 2015/08/17
  • メディア: ペーパーバック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0