So-net無料ブログ作成
検索選択

不動産鑑定士登録後初の修習同期会 [その他]

今週は、不動産鑑定士資格登録後初めて修習同期会に行ってきました。
roppongi.jpg
メンバーの半分は修習1年コースで既に不動産鑑定士登録から1年が経過、残りの半分は私と同じく2年コースで鑑定士登録を終えたばかりという構成でした。

昨年同様修了考査の話題は皆無で、自身の待遇の変化や転職についての話題で、あっという間の終電時刻という大変楽しいものでした。

話の中で気になったのが転職希望の鑑定事務所勤務の同期の話です。

不動産鑑定士試験合格を機に全くの異業種から鑑定事務所に転職したものの、不動産についての基本的な知識不足に悩み、不動産鑑定士という自身のステイタスと無資格者の業者の知識の豊富さを比べて、また、不動産業者に転職して一からやり直したいとのこと。

私の経験から言うと、不動産業者内で不動産鑑定士は極めて異質な存在で、あまり仲間からは歓迎されないイメージがあります。

私が試験に受かったその日からあだ名は「先生」となり、何かと仲間とは壁を感じるようになりました。

超一流不動産会社では、普通に不動産鑑定士もいて問題ないかもしれませんが、よほど若くない限り資格を活かして転職というのは難しいのではないでしょうか。

本来ならば、不動産鑑定士資格を取得する前の段階で不動産取引経験を積んでおくとスムーズですが、今度は資格取得後の収入ダウンの可能性が高く転職に二の足を踏むことになりそうです。

私のアドバイスとしては、せっかく不動産鑑定士になったので、その資格を最大限活かせる今の事務所にとどまり、依頼者とのヒアリングや立ち合い時のヒアリングで間接的に経験値を上げていくか、専門分野に特化した鑑定事務所に転職してはどうかということです。

不動産業者も通常は、住宅、事務所、物流、商業等その分野の中ではプロであっても他分野では専門的な知識はありません。

私も住宅以外は殆ど専門的な知識はありませんので、鑑定業界に入ってからは日々勉強です。

なかなか全てがマスターできないのがストレスになるかもしれませんが、ゼネラリストなら仕方ないとある一定の線を引きつつ、それでも知識を深めていけるのがむしろ不動産鑑定士の魅力だと思います。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

  • 作者: 大島 大容
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/09/26
  • メディア: 単行本
ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0