So-net無料ブログ作成

タイEEC東部経済回廊視察 [海外業務]

今週は、日曜日にタイから帰ったばかりでしたが、月曜日からフルに1週間働きました。
station.jpg
週初めには滞在中お世話になった提携先やクライアントへのお礼メール、セミナー出席、東部経済回廊EEC視察など出張報告などであっという間に終わってしまいました。

先週末視察したタイ東部経済回廊EECは、バンコク東部のチョンブリ県、チャ チュンサオ県、ラヨン県の3県を対象とする地域で、EEC開発とは、「イノベーション」、「生産性」、「サービス貿易」をキーワードとして持続的な付加価値を創造できる経済社会を目指す、タイランド4.0を実現 するための集中的な地域開発です。

先月には、EECの主要プロジェクトである、スワンナプーム、ドンムンアン、ウタパオの主要3空港間の高速鉄道建設計画に関し、民間企業向けの公聴会が開催されるなど大きな動きがありました。

今の鉄道事情はというと、バンコク中心部の鉄道駅「ファランポーン」駅からウタパオ空港近くの「Ban Plu Ta Luang」駅までは何と約4時間25分もかかるうえ、一日1往復しかないという非常に不便な状況です。これを高速鉄道で1時間以内で結ぶというのですから画期的です。

今の鉄道事情に大変興味があったので、バンコクからウタパオ空港手前のパタヤまでの3時間40分かかる在来線電車に乗って東部経済回廊の視察に行ってみました。エアコンなしの3等車のみの編成で運賃は110円ほどと格安です。
車中では日本人は一人もおらず地元の旅行者や帰省者などと交流を深めることができました。

パタヤから工業団地までは公共交通機関がタクシーしかないので、タクシーで向かうとバンコクよりも大幅に高く40分ほどの道のりで2,000円近くかかりました。

シラチャの工業団地で提携先のバスツアーに合流すると、何と偶然にも3年前にスタディツアーで東京の物件案内をした上場デベロッパーの経営者親子に再会することができました。また、セミナで一緒だった仲間も3名ほどいて、思ったほど随分早く再会を果たせました。

視察ツアー後、彼らとは、次回日本かバンコクでの再会を誓い別れました。

今回の出張も前回よりも、さらに有意義だったので、また近いうちにバンコクへ行けるよう一生懸命営業活動にいそしみます。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
タイ経済の基礎知識

タイ経済の基礎知識

  • 作者: 若松 勇
  • 出版社/メーカー: 日本貿易振興機構
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 単行本
タイ・プラス・ワンの企業戦略 (ERIA=TCERアジア経済統合叢書)

タイ・プラス・ワンの企業戦略 (ERIA=TCERアジア経済統合叢書)

  • 作者: 石田 正美
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2017/04/15
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。