So-net無料ブログ作成
検索選択
食べ歩き ブログトップ
前の10件 | -

海外14か国目にしてソウル [食べ歩き]

今週は、業務も落ち着いていいるので、思い切って有給休暇を取得してソウルに弾丸旅行に行ってきました。
seoul.jpg
お隣の国で週末にでも気軽にいけるのにもかかわらず、これまで全くご縁がなく海外14か国目がお隣の国韓国になりました。

4月よりはまだましなものの、北朝鮮情勢が緊迫し、韓国大統領選の直後の不安定な時期だけに非常に悩みましたが、38度ノースやらあやしいネット情報やらを熟読し安全だと確信し思い切っていってきました。

前回の香港旅行では初のLCCに搭乗し、その運航スケジュールのルーズさやサービスの悪さに閉口しましたので、今回は通常のエアラインで行ってきました。

大した買い物はしないものの、搭乗前に免税店に行ける時間帯のゆとりや座席足元のほんの10㎝のゆとりが旅行を特別のものにしてくれます。

現地についてみると、まったく平穏で、生き帰りの飛行機もほぼ満席でした。

ソウルに行って驚いたのがその建物の廊下やエレベーターホールの狭さとエスカレーターの少なさ、建物出入り口の段差の多さ、大通りを渡る横断歩道の少なさです。

不動産価格が高すぎて共用部に割けるゆとりがないのかと不動産価格を調べてみると、連合会の「平成25年世界地価等調査結果」によると日本の価格と比較して戸建てで約6割、マンションで7割ほどの水準です。

一人あたりのGDPは、」世界にも通用するサムスンやヒュンダイなどの立派な企業はあるものの、300万円少しと日本より100万円ほど低くなっています。

GDP比でいくとおおむね妥当な水準ですが、東京23区と比較して人口密度が1.3倍もあるにもかかわらず意外と低い水準です。

これには様々な要因があるとは思いますが、首都ソウルの位置にあると思います。
ソウルタワーに上ってみると、間近に北朝鮮の山々が目に入ってきます。

不動産の所有権は、長期間安定的に占有できることを前提としていますので、国が安定していないと意味がないのです。
KUROBUTAYA.jpg
せっかくの休みも地価や建物の仕様が気になりリフレッシュ気分半分でした。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
東アジアの土地問題と土地税制―台湾・韓国・日本 (地方財政研究所叢書)

東アジアの土地問題と土地税制―台湾・韓国・日本 (地方財政研究所叢書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 1990/07
  • メディア: 単行本
D13 地球の歩き方 ソウル 2016~2017

D13 地球の歩き方 ソウル 2016~2017

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

香港の生活事情 [食べ歩き]

今週は、ほぼシルバーウィークで2日間しか仕事をしていないため特に珍しい出来事はなかったので、シルバーウィークの香港旅行について書きます。
20150919_022542224_iOS.jpg
私はまだ実務修習生で満足な給与はもらっていないので、今回はLCCを利用しました。
昨年までは、不動産会社勤務でそこそこの収入があったので、空港ではラウンジの利用もできましたが、今回はフードコートでチェックインまでの時間を過ごしました。
LCCは、同じ飛行機を余裕なく使いまわすので飛行機の到着は遅れ出発は2時間遅れの夜中の11時、ホテルについたのは何と朝の5時です。
LCCとは安いものの何と時間と体力を消耗するものだと実感しました。今は時間に余裕がありますので、大丈夫ですが、おそらく収入が回復したら二度と乗ることはないでしょう。
20150920_032735662_iOS.jpg
香港へは、今回で3度目の訪問です。
前回、前々回はリーマンショック前後の2007年、2008年ですので、お財布が厳しいときに、いつも行っているのかなと思います。

香港に行っていつも驚くのが、日曜日に路上でマックを食べたりトランプをしているフィリピンの女性たちの多さです。
前回は、クリスマスに訪問しましたので、日曜日だけでなくほぼ毎日遭遇しました。
香港の友人に聞いたところ彼女たちはお金持ちの家庭のハウスメイドで、休日には職場であるお金持ちの家ではなく、お金のかからない路上で長時間友達と時間を楽しむそうです。

私の友人は、中国からの移住者の子孫で外資系の会社に勤務しているので、香港社会では中の上くらいの階層にいます。

今回の訪問で最も驚いたのが、彼女の差別的な考え方です。
私にはフィリピンの友人もいますので、あまり偏見はありませんが、友人は、フィリピン人は汚い、うるさい最下層とみなしていました。
また、大陸からやってくる本土の中国人に対しては、路上で子供に小をさせる野蛮人、金融機関勤務の欧米人に対しても、非常に悪い感情を持っています。

ただ、日本人に対してだけは、上品で知的(私のことではない)というありがたい感情を持っています。

住居についても香港は、しっかりと区分けされていて、高級住宅街は香港島の山の上や裏側、中流は香港島の表側、下流は下町の九龍のモンコックあたりという感じです。

私の泊まったホテルはまさに下流の方たちの住む下町のモンコックにありましたので、はだかで散歩するおじさんをたくさん目にしました。

王様と乞食ほどではありませんが、今回の旅行では、今までの旅行では訪れなかった新しい地域を訪れ、視野が広がったのが最大の収穫です。

LCCで旅するのは、もう一回ぐらいにしたいものです。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村


香港と中国における不動産評価の理論と実務―公開のための評価

香港と中国における不動産評価の理論と実務―公開のための評価

  • 作者: BMI Appraisals
  • 出版社/メーカー: アドスリー
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

続・香港澳門探検 [食べ歩き]

年末年始の香港澳門旅行の続編です。

香港・澳門の旅で印象的だったのは、新旧の超高級ホテルの豪華さと食へのこだわり。

 

ペニンシュラ香港

 

こんなハンバーガーまでが、こだわり抜かれ、たった3,000円ほどで老舗ホテルの味を楽しむことができます。

澳門では、マンダリンオリエンタル、2007年オープンMGMベネチアンに行きましたが、香港よりもやや割安で一流ホテルの味を味わえます。

マンダリンオリエンタル マカオ

こんな分厚くやわらかいナンのついた極上のカレーがたった1200円ほど。日本では、一番安い中華レストランでも4000円以上はするので、感激しました。

2007年12月にオープンしたばかりのまばゆいばかりのMGMグランド

内装は、外観とちがってやや落ち着いていて、次のベネチアンよりも質が高い。

ほとんどディズニーシーとそっくりなベネチアンマカオ

中は豪華ですが、ちょっとインチキくさい感じです。

 マカオのタイパでは、ベネチアン以外にもフォーシーズンズシャングリラコンラッドなどが次々と建設予定で、今後も楽しみです。

 

 ラスベガスばりのホテル銀座に生まれ変わるタイパコロアンコーズウェイ

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

D09 地球の歩き方 香港/マカオ 2007~2008 (地球の歩き方 D 9)

D09 地球の歩き方 香港/マカオ 2007~2008 (地球の歩き方 D 9)

香港・深〓&マカオ夜の歩き方

香港・深〓&マカオ夜の歩き方

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: データハウス
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

香港・澳門探検 [食べ歩き]

新年明けましておめでとうございます。

 

セントポール天主堂跡

年末年始は、香港・澳門に行ってきました。

香港の知人が広いマンションに引っ越したというので、2泊だけお世話になりました。

香港は、山が多く平地がほとんどないので、超高層マンションがほとんどです。

今回お邪魔したのは、香港空港からタクシーで10分ほど、地下鉄の終点駅からは5分ほどの香港の典型的な超高層マンションです。

 

駅からは、ペデストリアンデッキで直結。マンションの入口には、24時間体制で警備員が入退出者のチェックを行っています。感心したのは、退出者のチェックもあり、オートロックも内側からも鍵がないと開かないということ。

 各階のエレベーターホールも手抜きなく総石貼りです。

 景色は、何とも建物とアンバランスな大自然。

 

 山があまりにも近く日の出がなかなか山に隠れておがめないのが難点です。

部屋にバルコニーはなくエアコンの室外機も窓の上に乗っかっています。

香港の街中を歩いていてよく上から水滴が落ちてくるのも、このむき出しの室外機から水が落ちてしまうからでしょう。 

少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

香港 マカオ  海外自由旅行の道具箱 (ブルーガイドわがまま歩き)

香港 マカオ 海外自由旅行の道具箱 (ブルーガイドわがまま歩き)

香港〈2002~2003年版〉 (地球の暮らし方)

香港〈2002~2003年版〉 (地球の暮らし方)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンドビッグ社
  • 発売日: 2002/09
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

変わる名古屋 [食べ歩き]

今年のGWも名古屋に行ってきました。

 

続々と超高層ビルの建つ名古屋駅周辺

まだまだ東京と比べると中小型のビルが多く、片道3車線が普通の広い道路のためもあって空がとても広く感じます。

 

名古屋の中心街にほど近い新栄周辺も新しいマンションが点在

そんな名古屋でも中心街には真新しいオフィスビルや賃貸マンションが建てられ風景が変わりつつあります。

いくつもある新しいビルの中で目を引いたのが、この建築中のねじれたビル。

その名も「スパイラルタワー」といって、モード学園と三井不動産の共同事業とのことです。

名古屋といえば、やはり名古屋メシ。

栄松坂屋地下に名古屋の肉屋の老舗、 「スギモト」の食堂を発見しました。

ステーキ、刺身、かつ、煮物にご飯と赤だし味噌汁がついて1980円のお手ごろ価格。

もちろん、お肉の専門店だけあって味もなかなかです。

銀座松坂屋にもイートインのすき焼き店があるので、東京でも気軽にスギモトの肉を味わえます。

     少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

大人の名古屋特別編集号男の名駅―The Magazine for Superio Off Time

大人の名古屋特別編集号男の名駅―The Magazine for Superio Off Time

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 大型本

大人の名古屋2007年版

大人の名古屋2007年版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/12/05
  • メディア: 大型本
名古屋いま評判のうまい店370軒 ’07-’08年版 (2007)

名古屋いま評判のうまい店370軒 ’07-’08年版 (2007)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: ムック

 

 


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

名古屋・京都 [食べ歩き]

新年明けましておめでとうございます。

年末年始は、名古屋京都に行ってきました。

京都では亥年にちなんで猪で有名な護王神社へ。

境内には狛犬ではなく狛イノシシが。

さらには、本物のイノシシまでが。

ちゃんとおすわりして撮影ができます。

何ともありがたい神社です。

京都では、いろいろ食べましたが、シンプルなみたらし団子が一番おいしかったです。

名古屋では朝はコメダ珈琲で「モーニング」。

朝360円のコーヒーを頼むと、こんなトーストとゆで卵がタダでつきます。

昼は、山本屋本店味噌煮込みうどんです。

ただのうどんなのに一番安いもので、1500円くらい。名古屋コーチン入りだと2300円くらい。この黒豚入りだと2500円くらいと少々高いのが残念。

それでも食べたくなるのは、それだけの価値があるということなのですが。

      少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

pvranking
に参加してね。

おとなの京都事典

おとなの京都事典

名古屋いい店うみゃー店

名古屋いい店うみゃー店

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:住宅

フラッグシップ [食べ歩き]

ここのところパンフレットや図面集とにらめっこで12時間という過酷な毎日で体力が消耗気味です。

そんな時には、おいしいものを食べに行くに限ります。

銀座並木通りの佐賀牛の店「季楽」 。 

「叙々苑游玄亭」や高級中華の「福臨門」 、鶏料理「今井屋本店」など有名高級店のある真新しいビルにあります。

経営は、JA佐賀経済連だけあって佐賀の威信をかけた門構え、酒井田柿右衛門をはじめとした肥前三右衛門の器も飾りだけではなく実際の料理に彩りを加えています。

ランチメニューは、「せいろ蒸しランチ」が評判です。

和牛3,800円、佐賀牛5,800円、特選佐賀牛9,500円という感じの3グレード。(金額は多少記憶違いがあるかもしれません。)

金額的にも1万倍すれば、タワーマンションの低層階、中層階、高層階と思ってしまったのは職業病です。

この3択では、もちろん、和牛3,800円です。

この豪華な店の雰囲気、肥前三右衛門の器、一枚一枚せいろに並べて蒸してくれるサービスを考えれば多少の肉質の差を考えてもお得です。

これもまたタワーマンションの低層階が、豪華なエントランスとステイタス、充実の共用部、コンシェルジュサービスを受けられるのと似ています。

和牛コースでは最初に(最後でもある)佐賀牛の刺身と出会います。

次にこんなとても大きなせいろがやってきます。

まずは、このせいろで水菜、長ネギ、白菜などの野菜を蒸し焼きにして、その上に和牛の薄切りを広げて載せます。

これをしばらく蒸すと、和牛の脂が下の野菜にしみこみ、しゃぶしゃぶでは得られない肉汁を野菜と一緒にいただける仕組みです。

今右衛門の器に盛られた、せいろで蒸された肉と野菜。

この野菜を蒸して、その上で肉を蒸す作業が4回も繰り返されます。

 

だいぶお腹がふくれたところで、栗ごはんが登場。

栗は、焼き栗で一手間かかった秋の味覚。

最後はデザート。プリンとシャーベットとケーキの3点もあります。

夜は1万円はしますが、ランチなら何とか手の届く最高の食事です。 

  少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

pvranking
に参加してね。 

佐賀のがばいばあちゃんのレシピ

佐賀のがばいばあちゃんのレシピ

余白の美 酒井田柿右衛門

余白の美 酒井田柿右衛門

  • 作者: 十四代酒井田 柿右衛門
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 新書

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

香港探険 [食べ歩き]

夏季休暇を利用して知人のいる香港へ行ってきました。

 

最も身近な海外ですが、買い物天国のイメージしかなく興味がなかったので、今回は初めての香港です。

まず、あまりにも山だらけで平地の少ない地形にまず驚きました。

これでは、超高層ビルが密集して建っていても不思議ではありません。

香港で住宅が高いのは、この写真を撮った香港島の頂上「The Peak」に近い山の頂上だそうです。あまりにも坂が急でぐるぐる急カーブでゆられて、ふもとからバスで30分もかかりました。

こんな不便なところですが、超高層ビル以上の絶景と何より蒸し暑い香港とは思えない涼しさが高価格の理由でしょうか。

以前即金でマンションを購入いただいた香港の富豪の方もこの辺にお住まいと聞いていました。

その方いわく、年々マンションが海側に建ち、海がどんどん見えなくなっていくと残念がられていました。確かにここ山頂海からもあまり見えません。

最近の新築マンションは、新しく空港ができたランタウ島に通じる橋の近くの海側など香港中心部から車で10分ほどのところに移っています。

ちょうど私の知人がそこの新築マンションに住んでいるので、ちょっとだけ紹介です。

外観は近代的で日本のタワーマンションと変わりません。

違いは警備員の常駐するエントランス。

プール付の中庭。

 

大理石貼りの廊下とまさに本来の意味での「MANSION」。

賃料も日本並みかそれ以上です。ここのマンションで1LDK45㎡が15万円、ちょうど世田谷のマンションと同じくらいです。

 香港で一番おいしかったものは、北京ダックです。

地下鉄「Tsim Sha Tsui」駅から徒歩3分ほどにある老舗「鹿鳴春酒店」

騒がしい店内がまさに香港を象徴する雰囲気、店員さんのサービスもフレンドリーであたたかみがあります。

4人前はある北京ダック、フカヒレスープ、青菜炒め、前菜とビールを飲んで1万円ちょっとと料金も格安です。

最後に、宿泊したホテルは、 「ホリデイイン ゴールデンマイル」 

香港一の繁華街最寄の地下鉄「Tsim Sha Tsui」駅から徒歩1分、ビジネス街「中環」行きのフェリー乗り場へも徒歩約10分と利便性の高いホテルです。

英語、日本語、広東語を話すトライリンガルの日本人スタッフもいますが、宿泊客には欧米人が多くほとんど日本人がいないので海外気分が味わえます。

シャングリラやシェラトンなどの観光メジャーホテルは日本人だらけで嫌という方におすすめです。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

pvranking
に参加してね。 

地球の歩き方 ガイドブック D09 香港/マカオ

地球の歩き方 ガイドブック D09 香港/マカオ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/05/27
  • メディア: 単行本

香港 マカオ 海外自由旅行の道具箱

香港 マカオ 海外自由旅行の道具箱

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2006/05/03
  • メディア: 単行本

るるぶ香港・マカオ (’07)

るるぶ香港・マカオ (’07)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: JTBパブリッシング
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 大型本

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

北京でもマンション [食べ歩き]

週末を利用して北京まで行ってきました。

旅行の目的は、残念ながらマンションとは関係なくレジャーです。

しかしながら、大手不動産会社が上海進出を計画しているとの記事が新聞にも載るくらいなので、
少しだけですが、マンションのリサーチもしてきました。

北京市外の中心部には、おなじみ故宮や政府系機関などが点在しますが、すぐその外周部には、
こんなマンションもあります。

先日のブログでご紹介したとおり、セキュリティを考えてバルコニーが独立しているのが分かります。

北京を訪れるのは何と15年ぶりですので、記憶が定かではありませんが、以前はこんなおしゃれなマンションは少なかったように思います。

写真がなくて申し訳ありませんが、上空から見る北京郊外は幕張新都心の幕張ベイタウンや神戸の埋立地のマンションのようにカラフルで高層のマンションが立ち並び随分と都市化が進んでいました。

また、街行く人々も携帯電話片手に歩く日本とさほど変わらない風景に驚きました。
人口も1200万人と東京と変わらないだけに魅力的な市場のように思えます。

しかし、一方でセブンイレブンの前で物乞いするストリートチルドレンや公園の浮浪者など社会主義国らしくない風景も以前にはなかったように思います。


北京動物園で立ち上がるレッサーパンダを発見しました。

香港で有名なアワビ専門店「阿一鮑魚」の支店で、広東料理を食べました。五つ星ホテルで食べたアワビと比較してもそのおいしさは別格です。
小さいながら姿煮のフカヒレスープとアワビと鵞鳥の足ひれ、そしてパラパラのチャーハン、青菜の炒め物等がついたセットで299元(約4500円)はお得です。

読んだあとは是非この下のリンクをクリックしてください。 


少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

pvranking
に参加してね。 

昔と比べて高級店の情報も充実してきました。バックパッカーだけでなく一般旅行者にも役立つ情報が満載です。

北京・天津〈2006~2007年版〉

北京・天津〈2006~2007年版〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンドビッグ社
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本

るるぶ北京・西安・シルクロード (’05~’06)

るるぶ北京・西安・シルクロード (’05~’06)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: JTBパブリッシング
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 大型本

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

GWの不動産屋 [食べ歩き]

GWも頑張っている営業の方には申し訳ないと思いつつ、10年ぶりのGWをいただきました。

10年ほど前までは、年末年始やお盆と並んでGWは、お客様は行楽に行ってしまうためモデルルームにこないという口実のもと、ほとんどのモデルルームはお休みだったのですが、D京さんあたりが正月、GW営業を謳い始めてから集客の時期となってしまいました。

10年前といえば、山一證券や拓銀が倒産する少し前のマンション市況がかなり厳しくなってきたころです。

モデルルームを空けて広告を打てば、お客様はこられますが、それは、正月でもお盆でも同じことです。欧米では、だいたいの不動産屋は、土曜は営業しますが、日曜は休みというところが多いようです。
日本も是非そうして欲しいものです。

GWは、帰省もかねて名古屋・下呂・南知多と忙しく回ってきました。

名古屋のお勧めは、「モーニング」です。380円のコーヒーを頼むと、トーストとゆで卵がついてきたりします。中でも「コメダ珈琲」は、名古屋のスタバといっていいほどあちこちにあり、味も保証できます。

コーヒーにナッツがつくのは名古屋では常識。

お好みでホットサンドにもできます。

サンドイッチは、「モーニング」にはつきませんが、480円でこのボリュームでお得です。

昼・夜のご飯は明日以降ご紹介します。

読んだあとは是非この下のリンクをクリックしてください。 

少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

pvranking
に参加してね。



名古屋の名店紹介がずらり。あなたの知らないおしゃれな名古屋。

大人の名古屋 2006年版   名古屋のほんとうにいいもの

大人の名古屋 2006年版 名古屋のほんとうにいいもの

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/12/05
  • メディア: ムック


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 食べ歩き ブログトップ