So-net無料ブログ作成

不動産鑑定士試験終了後の就職活動 [その他]

先週の土曜日から今週月曜日までの3日間は、不動産鑑定士論文式試験でした。
ouji.jpg
私も自身の試験合格から3年近くが経ち、あまり試験内容等には興味がなくなってしまいましたが、毎年大きく動いていると感じるのが就活環境です。

以前は試験合格発表後に就活するイメージでしたが、今は殆どの大手や外資系鑑定事務所が、試験終了後の今週からリクルーティングを始めています。

日本不動産鑑定士協会連合会のホームページを見ると、大手3社、外資系4社をはじめ、29社が求人を出しています。

求人の条件を見てみると、中には実務修習生で年収500万円、鑑定士で年収700万円と私の合格年にはなかったような好条件を提示している事務所もあります。

昨今は、新聞報道等で飲食業や運輸業の人手不足が叫ばれていますが、鑑定業界も例外ではなく人手不足が加速しているようです。

実務についている身としては、さほど業務量が増えている実感はありませんが、監査法人等が監査の厳格化に伴い採用を強化しているなど、就業範囲の拡大が影響しているのではないでしょうか。

事実、私の知る、鑑定事務所勤務だった若手鑑定士の少なくない人数が待遇のよい監査法人や投資運用会社に転職しています。

また、不動産鑑定士の年齢構成がいびつで、東京都不動産鑑定士協会の会員構成によると60歳以上が約45%、40歳代が37%と非常に多いのに対して40歳未満は約17%しかいないことも、採用側に将来の人手不足の危機感をもたらし、採用意欲を高めていると思われます。

最近では40代だけではなく50代での鑑定事務所への転職成功の話も私の身近にありますので、試験合格に少しでも自信のある方は、さっそく応募してみましょう。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

  • 作者: 大島 大容
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/09/26
  • メディア: 単行本
ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

不動産鑑定士登録後初の修習同期会 [その他]

今週は、不動産鑑定士資格登録後初めて修習同期会に行ってきました。
roppongi.jpg
メンバーの半分は修習1年コースで既に不動産鑑定士登録から1年が経過、残りの半分は私と同じく2年コースで鑑定士登録を終えたばかりという構成でした。

昨年同様修了考査の話題は皆無で、自身の待遇の変化や転職についての話題で、あっという間の終電時刻という大変楽しいものでした。

話の中で気になったのが転職希望の鑑定事務所勤務の同期の話です。

不動産鑑定士試験合格を機に全くの異業種から鑑定事務所に転職したものの、不動産についての基本的な知識不足に悩み、不動産鑑定士という自身のステイタスと無資格者の業者の知識の豊富さを比べて、また、不動産業者に転職して一からやり直したいとのこと。

私の経験から言うと、不動産業者内で不動産鑑定士は極めて異質な存在で、あまり仲間からは歓迎されないイメージがあります。

私が試験に受かったその日からあだ名は「先生」となり、何かと仲間とは壁を感じるようになりました。

超一流不動産会社では、普通に不動産鑑定士もいて問題ないかもしれませんが、よほど若くない限り資格を活かして転職というのは難しいのではないでしょうか。

本来ならば、不動産鑑定士資格を取得する前の段階で不動産取引経験を積んでおくとスムーズですが、今度は資格取得後の収入ダウンの可能性が高く転職に二の足を踏むことになりそうです。

私のアドバイスとしては、せっかく不動産鑑定士になったので、その資格を最大限活かせる今の事務所にとどまり、依頼者とのヒアリングや立ち合い時のヒアリングで間接的に経験値を上げていくか、専門分野に特化した鑑定事務所に転職してはどうかということです。

不動産業者も通常は、住宅、事務所、物流、商業等その分野の中ではプロであっても他分野では専門的な知識はありません。

私も住宅以外は殆ど専門的な知識はありませんので、鑑定業界に入ってからは日々勉強です。

なかなか全てがマスターできないのがストレスになるかもしれませんが、ゼネラリストなら仕方ないとある一定の線を引きつつ、それでも知識を深めていけるのがむしろ不動産鑑定士の魅力だと思います。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

  • 作者: 大島 大容
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/09/26
  • メディア: 単行本
ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

不動産鑑定士の社外活動 [その他]

不動産鑑定士資格を取得すると入会できる会がいくつかありますが、今週はそんな会から懇親会の誘いがいくつもありました。
omotesando.jpg
まずは、出身大学の不動産鑑定士会です。
私は比較的規模の大きい大学の出身なので、多くの同窓の不動産鑑定士がいらっしゃり、同年代の不動産鑑定士や社外の先輩鑑定士との交流が持てればと思い入会しました。

実務修習の講義の合間に各大学の不動産鑑定士会入会のチラシが配られ、存在は知っていたものの、なかなか修習中は余裕がなく入会していなかったのですが、このたび入会してみました。

残念ながら、同期生に知り合いはいなかったのですが、何人もの知人が同窓生と知り大いに親近感がわきました。

2番目は、修習同期会です。
こちらは、入会というものではないですが、実務修習講義や修了考査試験対策を通じて親しくなった仲間の会です。

私の期では、大規模なものは修習講義の時ともう1回あったのみですが、小規模なものは3・4回は開いていると思います。

業務上たまたま修習同期と仕事を一緒にすることもまれにありますが、なかなか会う機会はないので、社外の同期の近況を聞くことは大変参考になります。

同期の中には、資格取得後即転職してしまった人や転職を試みている人もいますので、じっくりとその心境を聞いてみたいものです。

最後は、不動産鑑定士協会です。
まだ、新人なので受けるべき研修も多く、集合研修時に目を皿のようにして知り合いを見つけ、情報交換するのも大変有意義です。

不動産鑑定業界は非常に狭い業界なので、自然と他社の同業人に出会うことはなく、自分の殻に閉じこもっていてはなかなか視野が開けません。

今回誘っていただいた希少な機会を活用してますます成長していきたいと思います。


 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール

雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール

  • 作者: 齋藤 孝
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2010/04/09
  • メディア: 単行本
いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則

いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則

  • 作者: 秀島史香
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ネットワーキング [その他]

今週は、この2年間あまり行けなかった昔の仲間との会合に行ってきました。
restaurant.jpg
前回会ったのは、なんと2年前。マンション営業時代の一番つらい時間を一緒に戦ってきた戦友のような仲間なので、会うと懐かしいというよりも自分を飾ることなく、素の自分に戻れるいい時間が過ごせます。

当時のマンション営業の現場は、朝10時から19時くらいまでが接客、19時から翌1時くらいまでが事務作業、深夜1時から5時までが打ち合わせということも少なからずあり、寝る時間以外はずっと一緒に働いていました。

その分夏季休暇や冬期休暇は最低2週間は連続であり、海外のリゾート地で仕事仲間と一緒に過ごしました。

会うとそのころのつらい日々の方が楽しい想い出になるので、不思議なものです。

今、彼は数千戸規模のプロジェクトの責任者として1.5年もかけて企画を考えているそうです。

企画だけで1.5年とは何とも贅沢です。しかも、企画のために海外出張や国内出張、アイデアを取り入れるため、お金と時間を惜しまないところは素晴らしいものがあります。

そんな中、居酒屋で話していた私のアイデアをそのプロジェクトに取り入れてくれることになり、自分の事業のようにその事業の発売が待ち遠しくなりました。

不動産業には、物作りという鑑定業にはない大きな魅力もあります。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
2018年までのマンション戦略バイブル

2018年までのマンション戦略バイブル

  • 作者: 沖 有人
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/01/20
  • メディア: 単行本
なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?

  • 作者: フィリップ・デルヴス・ブロートン
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: 単行本

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

海外からの突然の来客 [その他]

今週は業務の方は半ば休みのような状態でまったりとしていましたが、予期せぬ海外からの来客で大きな刺激を受けました。

tokyu plaza.jpg

SNSで最近知り合いになったばかりの東南アジアの国の不動産協会のエグゼクティブが日本に仕事でくるので、会いたいと言ってきたのです。

全く面識もない外国人でしたので、少し躊躇しましたが、思い切って会うことにしました。

それというのも私の懇意にしている複数の方の知り合いで、年齢が近く私の大好きなオーストラリアや香港の協会の役職も兼務されていて話が合うと思ったのです。

宿泊先の銀座で待ち合わせをして食事を一緒にしながら話をしたのですが、何とお子さんが日本に留学中で不動産鑑定士を目指しているそうです。

不動産鑑定士試験は国籍に関係なく受験できます。

息子さんは母国語はもちろん日本語英語も堪能です。

こんなトライリンガルの不動産鑑定士がでてきたら太刀打ちできないと思いながら、いろいろとアドバイスをしました。

東南アジアの多くの国ではRICS(英国王立チャータード・サベイヤーズ協会)やIVS(国際評価基準)を学んだ鑑定士が既に活躍しており東南アジア圏内だけでなく欧米でも活躍する国際的な鑑定士もいます。

また、特に上流階級の子息は欧米に留学しており非常に語学に堪能です。

私の知り合いでもケンブリッジやUCLAなど欧米の上位校の卒業生が少なからずいて、すばらしい頭の回転と流ちょうな英語に圧倒されます。

日本の鑑定業界も国内のみに留まっていてはしりすぼみになりますが、海外には非常に優秀な競争相手がいることも忘れてはいけません。

せっかく得たネットワークを活かすべく、私は今日も地道に勉強します。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
ASEAN不動産投資の教科書: 始める前に知っておきたい15の知識

ASEAN不動産投資の教科書: 始める前に知っておきたい15の知識

  • 出版社/メーカー: 金風舎
  • 発売日: 2015/03/18
  • メディア: Kindle版
海外不動産の評価

海外不動産の評価

  • 作者: 下崎 寛
  • 出版社/メーカー: 大蔵財務協会
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

MIPIM JAPAN 2015 [その他]

昨日、日本初開催となる国際不動産見本市、MIPIM JAPAN に参加して来ました。
image.jpg
国内外の不動産開発に関わる150社以上の企業、2000人以上の参加人数が集まって投資や情報収集を目的とする、フランス発祥の会議で、アジアでは香港などで毎年開催されていましたが、東京オリンピック決定を機に国土交通省などが誘致を行いました。
私は、会社の所属する団体の代表としてささせていただきました。
まだ入社半年程ですので、大変ありがたいことです。
参加して痛感したのは、自分を含め、日本人の酷い英語力です。
私も毎日2時間以上英語の鑑定本を読んでいますが、いざ話をすると、うまく話が出来ず、観光や食事の話止まりです。
もちろん、英語を母国語としない東南アジアの人々に英語も酷いですが、フィリピンやインドなど英語力のある国は話も分かりやすく楽しめました。
いい話としては、海外の皆様の、日本の安全性、街の綺麗さ、ホスピタリティー、食事に関しての評判は非常に良く、またプライベートで来日したいと口々におっしゃっていました。
また、まだまだアジアは交通インフラが未整備で熱い日本への視線も感じました。
国土交通省の招待もあるとは思いますが、これまでの日本の資金・技術援助に対する感謝の言葉もあちこちで聞きました。

偶然、会場には、3か月前に日本をご案内したタイ国の方も来ていましたので、益々親交を深めることができ、ご縁とはこういうものかと実感しました。
今タイは政情が不安ということもあり投資に躊躇してしまいそうですが、こんな時だからこそチャンスがあるかもしれません。

また、政情と言えば、今大変なロシアも複数の企業が出展されており、極東のウラジオストックの自由貿易港化などスクープネタもありました。

おそらく、私は近いうちにタイに行くことになりそうな予感がします。


 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ マンション(業者・情報)へ
にほんブログ村
アジア・ビジネスの法務と税務―進出から展開・撤退まで

アジア・ビジネスの法務と税務―進出から展開・撤退まで

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2011/08
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

管理組合総会 [その他]

管理組合の理事になってから11ヵ月。ようやく最初の仕事らしい仕事は、何と管理組合総会です。

管理組合総会では、次期理事の選出と活動報告を行います。つまりは、最初で最後の仕事です。 

不動産会社に勤務し、マンション管理のスペシャリストであるマンション管理士の資格を取ったばかりの私にとっては、何ともさみしい1年でした。

管理組合総会にあたりようやく管理会社の担当と話をする機会を得たので、修繕工事の費用の相見積もりの実施、次年度の理事への引き継ぎの徹底、ペット飼育規約の作成等気づいたことを話しました。

が、もう私の任期は、もうわずかのため、まるで聞く耳はありません。

私の住むマンションは、私の元勤務していた会社の分譲のため、身元がばれて永遠に管理組合の役員をやらされるのが、嫌なのであまり口を出さずに暮らしてきました。

しかし、このままいくと、管理会社のいいなりの管理で余計な修繕積立金の取り崩しが続きそうで心配になります。管理会社にとっては、所詮修繕積立金は人のお金、面倒な相見積もりをとって、発注業者に嫌われるよりも、修繕積立金を取り崩し、なくなったら値上げをすればいいと思うのも無理はありません。

ここに社会保険庁と似た構造があります。よい管理を行った管理会社にインセンティブを与えない限り、なかなか管理会社が入居者のために頑張るのは無理のようです。

ここはやはり、入居者の代表である理事が頑張らないといけません。ただ、土日も勉強とアフターに忙しい今はちょっと厳しいです。やはり、有償でも独立したマンション管理士にコンサルに入ってもらいたいです。気づかぬうちに何百万円という無駄金が業者に流れていることを考えると年数十万円程度のコンサルフィーは安いものです。

少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ

<困ったときにすぐに使える>マンション管理組合の実務ノウハウ

<困ったときにすぐに使える>マンション管理組合の実務ノウハウ

  • 作者: 村井 忠夫
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2005/01/27
  • メディア: 単行本

すぐに役立つマンション管理ガイド~運営から修繕、建替えまで (日経BPムック)

すぐに役立つマンション管理ガイド~運営から修繕、建替えまで (日経BPムック)

  • 作者: 日経アーキテクチュア
  • 出版社/メーカー: 日経BP出版センター
  • 発売日: 2005/01/19
  • メディア: 大型本

マンション管理はこうして見直しなさい

マンション管理はこうして見直しなさい

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/05/26
  • メディア: 単行本

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

9連休突入 [その他]

昨日から夏期休暇に入りました。

今年は、曜日の配列がいいので、不動産会社に限らず9連休という企業も多いのでしょうが、どこへ行っても人が多く嫌になります。

昨日の午後4時頃の東京テレポート駅の改札前です。東京湾岸花火大会の始まるのは午後7時からですが、3時間前でもこの人ごみ。私に限らず日本人は花火が好きです。

花火

デックス東京ビーチのレストランのデッキから花火を見ながらビールでもと思ったら、何と席料のみで一人5千円とか、特別コースが2万円とか、異常な価格に驚き、花火前に食事を済まして、タダで橋の上から見物しました。

高速道路に邪魔されて一部花火が見にくいですが、なかなかの迫力です。

ここはものすごい穴場で3組しか見物客がいませんでした。

私は、皆の行く反対方向へ行く性格なので、たまにはこんな当たりもあります。

遊んでばかりいるようですが、鑑定士の勉強の方は着実にやっています。朝は、5時起きを日課として、朝食までに3時間勉強します。昼間は、遊んで帰ってからまた、勉強です。

資格試験は、無理なく継続することが、大事だと思います。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 

不動産鑑定士鑑定理論暗記テキスト (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

不動産鑑定士鑑定理論暗記テキスト (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

  • 作者: TAC鑑定理論研究会
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 単行本
 毎朝この鑑定理論を読んでいますが、1冊暗記するには本当に1年かかりそうです。
テキスト 民法

テキスト 民法

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 早稲田経営出版
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本

 鑑定理論に飽きたら民法です。

 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

花火大会とマンション [その他]

試験勉強で疲れた頭を癒すため、久しぶりに遊びに行ってきました。

昨日は、隅田川花火大会だったので、花火の混雑の前に水上バスに乗って気分をリフレッシュします。一般の人は、日の出桟橋から浅草に向かうのでしょうが、混雑が嫌いなので、東京ビッグサイトから日の出桟橋→徒歩→大門。大門からは地下鉄で蔵前まで向かいます。

ビッグサイトから日の出桟橋まで約30分400円です。

海から見るお台場は、また格別です。左手のツインタワーが分譲のザ・タワーズダイバ、右手が公団賃貸のシーリアお台場です。

お台場

右手には、ザトウキョウタワーズも見えます。

このあたりのマンションでは、東京湾花火大会が楽しめそうです。

気分がリフレッシュされたところで、すし詰めの地下鉄に乗って隅田川花火大会へ。

この人ごみの中、1時間ほど花火を楽しみました。

ただ気になったのが、マナーの悪さ。あたりを構わずタバコを吸いまくるオジサンと団扇で仰いでその煙を防ぐ女性、1時間半待ちで確保した私のスペースに足を投げ出す若者。

花火はキレイでしたが、このあたりでは、共同住宅には住めないなと思いました。

来週は、仕事で担当物件の花火大会の整理係りです。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 

 

日本の花火 (ちくま新書 670 カラー新書)

日本の花火 (ちくま新書 670 カラー新書)

  • 作者: 小野里 公成
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 新書
経済学音痴の私でも分かる分かりやすい入門書です。
資格試験のための経済学の時間 ミクロ編

資格試験のための経済学の時間 ミクロ編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本

経済学の時間 マクロ編―資格試験のための

経済学の時間 マクロ編―資格試験のための

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

東京ミッドタウン [その他]

六本木の防衛庁跡地にできた東京ミッドタウンに行ってきました。

 

外観は、ガラスを多用した今風なデザインですが、内装は、随所に竹を配した和を取り入れたデザインです。ちなみに足元の床も竹のフローリングです。

 建物を抜けると檜町公園が広がります。

この公園の少し先は、旧町名で赤坂氷川町、麻布三河台町で、古くからの邸宅街の一つです。公園からは、竣工したばかりのプラウド赤坂氷川町も見えます。

1.8億~5.5億円もの高額マンションでしたが、この好立地ゆえにあっという間に完売しました。

この他にも赤坂氷川町パークマンションホーマットサンプレステージ赤坂氷川町など周囲には

高級マンションが点在しているのでミッドタウンに行ったら周囲を散策してみてはいかがでしょうか。

 

   少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします

にほんブログ村 住まいブログへ

 

東京再生Tokyo Inner City Project―ハーバード・慶応義塾・明治大学プロジェクトチームによる合同提案

東京再生Tokyo Inner City Project―ハーバード・慶応義塾・明治大学プロジェクトチームによる合同提案

  • 作者: 伊藤 滋, 東京インナーシティープロジェクト実行委員会
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 大型本

中心市街地活性化三法改正とまちづくり

中心市街地活性化三法改正とまちづくり

  • 作者: 矢作 弘, 瀬田 史彦
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 単行本

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅