So-net無料ブログ作成
検索選択
資格試験 ブログトップ
前の10件 | -

IVS新基準習得  [資格試験]

GWから始めたMAIの学習ですが、ようやく今週で1科目が終了しました。
ueno.jpg
MAIでは、米国以外のみで業務を行う候補者は米国の鑑定基準であるUSPAPではなく、国際基準であるIVS国際評価基準の学習を義務付けています。
IVSは、鑑定試験合格後すぐに勉強を始めたので、最後の学習から2年も経っていて殆ど忘れてしまい、ほぼ一からの学習となりましたので、ややとまどいながらも約1か月程度で確認テストが合格できるレベルにまでもっていくことができました。

久しぶりにIVSの勉強をして気づいたのは、2017年に新基準に変更になったこと、不動産だけでなく動産、のれん、企業体の評価など評価対象が多岐にわたることです。

また、普段はMAIのテキストばかり読んでいますので、IVSが使っているイギリス英語にも戸惑いがあります。

そもそも米国では鑑定のことをAppraisalといいますが、英国ではValuationといい、英国でAppraisalというと鑑定士以外による査定のような意味合いになってしまうようです。

アジアの多くの国では、米国よりも英国の影響が強く、どちらかというとイギリス英語の方が広く使われていますので、注意が必要です。

会計でも米国会計基準よりもヨーロッパ系の国際会計基準が世界標準になっていますので、ヨーロッパの国の数の影響は大きいと実感します。

連合会の方も最近では、米国のMAIよりも英国のRICSを推進しているようですので、残念です。

ただRICSは、日本の鑑定士資格、10年以上の不動産経験、大卒の学歴等があれば誰でもなれるので資格の価値に魅力は感じません。

似たような資格ですが、私は価値ある方のMAI資格取得に向け今週も新科目の勉強をします。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
IFRSsの公正価値評価に対応した最新国際評価基準

IFRSsの公正価値評価に対応した最新国際評価基準

  • 作者: 日本不動産鑑定士協会連合会国際委員会
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2012/06/22
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

MAI米国不動産鑑定士候補者登録 [資格試験]

今週は、月・火と真面目に出社したにもかかわらず、5連休を控えて電話もならない静かな週でしたが、私にとっては大きな出来事のあった週でした。
ai certification.png
3月に日本の鑑定士登録を終え、やろうと思えばすぐにでも登録できたのですが、ようやくMAI米国不動産鑑定士候補者の登録を行いました。

MAI候補者の登録申請には、日本人の場合、不動産鑑定士資格証明書、3人の推薦、経歴や志望動機を書いた英作文、年間300ドルの会費(日本人は450ドルの25%引)が必要です。
また、後日4年生大学の卒業証明書や1,500時間の実務経験証明のための論文も必要となりますので、大卒でない方、実務経験のない方は残念ながら対象にはなりません。

今回の登録から4年以内に所定の試験に合格できればMAIに認定されます。

この試験がもちろんすべて英語で、日本の鑑定士になじみのない関数電卓を駆使したものになりますので、途中で挫折する人も少なくありません。

また、費用も1科目6万円くらいするものを6科目、試験に5万円、課題の認定にも数万円,、さらに年会費と50万円はかかります。

ただ、以前はすべてWEB上で講義を受けることはできず、米国本土に行って授業を受ける必要がありましたが、今ではすべて日本国内で完結できますので、以前よりはずっと安い費用で取得可能となりました。

高額な資格取得費用を支払うことができるようGWもしっかりスキル向上のための勉強をします。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
HP 10bII+ Financial Calculator NW239AA#B17 - SPANISH VERSION - BRAND NEW

HP 10bII+ Financial Calculator NW239AA#B17 - SPANISH VERSION - BRAND NEW

  • 出版社/メーカー: HP
  • メディア: オフィス用品

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

Candidate for MAI Designation   [資格試験]

今週からやや仕事が落ち着いてきたので、2週間後に迫った不動産鑑定士修了考査合格後について徐々に準備を始めました。
ootemachi2.jpg
まだ、受かってもいないのに気が早いと思いつつも、まずは不動産鑑定士の登録について調べてみました。

まず登録に要する期間は、3週間と結構かかります。また、費用も6万円と弁護士税理士、公認会計士等一流資格と同じで高額です。

必要書類としては、公的なものとして「登記されていないことの証明書」(法務局で取得)、「身分証明書」(本籍地の役所で発行)等取得するのに時間がかかりそうです。

ここで注意が必要なのが、最短の3年で地価公示鑑定評価員になるためには、3月末までに登録を終えないといけないということです。

なぜならば応募要件に応募時の3月末時点で3年間不動産鑑定士の登録を受けていることが挙げられているからです。

今年の修了考査の合格発表が3月3日と例年よりも10日ほど速くなっているのは、役所の手続きの遅れで登録日が4月以降になって公示鑑定評価員要件を満たすのに1年余計にかかってしまうのを防ぐためと思われます。

私はまだ公示鑑定評価には全く興味はありませんが、1日でも早くMAI米国不動産鑑定士の候補者登録をしたいので、3/6には登録申請をしたいと思います。

ちなみにMAIの候補者登録には、日本の不動産鑑定士資格、年会費450ドル(年途中の入会は割引き有り)、3人の推薦、英文での志望動機兼履歴書のようなものが必要です。

この週末は資格登録のため日本語と英語の履歴書を書いてみようと思います。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
Japanese Real Estate Appraisal Standards~英語で読む不動産鑑定評価基準~

Japanese Real Estate Appraisal Standards~英語で読む不動産鑑定評価基準~

  • 作者: 日本不動産研究所
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2003/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

目標達成 [資格試験]

明けましておめでとうございます。
今週は、新年早々一つの目標を達成することができ気分よく1週間を過ごすことができました。
hie shrine.jpg
実際の紙ベースでの通知はまだですが、ネットでの結果発表で昨年12月のTOEIC TESTの通知があり、無事目標の850点を達成することができたのです。

結果が良ければ今年の修了考査もうまくいく、悪ければ修了考査で取り返すと、いずれの結果でも前向きにとらえて頑張ろうと思っていましたが、良い結果の方がいいのは間違いありません。

内訳点数としては、あらかじめ決めたLISTENING重視の戦略が奏功し、無事LISTENINGが大幅アップして、今までの低迷が何だったのかと思うほどの効果がありました。

約50点もLISTENINGが上がっていましたので、自分の戦略とともに参考書のすばらしさを実感しました。

世の中には990点満点を目指して頑張る人も少なくありませんが、私は英語の先生になるつもりはないので、ひとまず英語の勉強は終了とします。

私の最終的な目標としては、TOEIC TESTの点数ではなく 、実務で英語の鑑定評価書が書けるようになることですので、今後はMAI米国不動産鑑定士の勉強に集中したいと思います。

修了考査の方は本日現在受験票が届いていませんが、初日の日程まで2週間少ししかありませんので、できればネットで口述試験の日程ぐらいは早めに知らせていただけるとありがたいと思います。
特に地方にお住まいの方は飛行機宿泊の予約もあるでしょうから大変だと思います。

この3連休はもうひとつの目標を達成するため、修了考査対策を頑張ります。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
TOEIC(R)TESTリスニングTARGET900

TOEIC(R)TESTリスニングTARGET900

  • 作者: 森田 鉄也
  • 出版社/メーカー: Jリサーチ出版
  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: 単行本
TOEIC TEST英文法―TARGET 900

TOEIC TEST英文法―TARGET 900

  • 作者: 森田 鉄也
  • 出版社/メーカー: Jリサーチ出版
  • 発売日: 2013/04
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

鑑定業界の外で活躍する不動産鑑定士 [資格試験]

先日海外不動産の評価の依頼がきっかけで、あるデベロッパーの方とお話しする機会がありました。
roppongi.jpg
その方は大手不動産鑑定会社から今のデベロッパーに転職したのですが、海外への留学経験もあり、留学時代の想い出や今後の海外事業展開など幅広いお話を伺うことができました。

デベロッパーに転職してからは不動産鑑定をする機会はなく、依頼者として鑑定業務にかかわるだけだそうですが、鑑定業者にプレッシャーをかける意味では大きく鑑定士の資格が役立っているそうです。

私の修習同期にも不動産会社や金融機関勤務の方は、自ら鑑定評価書を作成することなく、人によっては鑑定評価書を見る機会さえない人もいるようです。

私のクライアントの中にも不動産鑑定士の資格はもっているものの10年以上も鑑定評価書を作成していない人もいます。

私の勤務する事務所にも立場上評価書をまったく書かない人も何人もいますが、鑑定理論はもちろん、最新の基準改正や評価手法のトレンドに精通している人とそうでない人の2通りがいるのです。

日本の鑑定資格制度では、一度登録すれば一生有効と言っていいほどの状況ですが、宅地建物取引士、マンション管理士、CFP、MAI、MRICSなど国内外のまともな資格は一定の期間に知識のブラッシュアップや法改正などの知識の吸収をする機会があり、その講習を怠れば資格停止となる場合が多いと思います。

日本の鑑定士の資格の制度上は研修は義務付けられていないものの、任意加入の鑑定士協会等で1年に15単位以上の研修が推奨され、研修の受講状況がHPで公開されています。
公開情報を見てみると、推奨の年15単位を満たしているほうが少ないようです。

資格とは有る意味ブランド価値だと思いますので、名前だけの資格ホルダーが増えないよう是非制度改正をしてほしいものです。

もちろん、私もまずは来年の修了考査の合格に向けて一生懸命勉強するとともに、資格のブランド価値を下げないように継続して勉強を続けたいと思います。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
不動産鑑定士 不動産に関する行政法規 最短合格テキスト 2017年度 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

不動産鑑定士 不動産に関する行政法規 最短合格テキスト 2017年度 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
不動産鑑定士 短答式試験 鑑定理論 過去問題集 2017年度 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

不動産鑑定士 短答式試験 鑑定理論 過去問題集 2017年度 (もうだいじょうぶ!!シリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2016/08/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

不動産鑑定士試験とTOEICテスト [資格試験]

今週は、到着を待ち望みにしていたもう一つの郵便、TOEICテストの受験票が届きました。
toeic.jpg
不動産鑑定士試験に合格するまで、試験勉強のため長らく休止していたのが、英語の勉強と日経新聞の購読です。
どちらも一般の社会人にとっては、必須の知識なのですが、演習も含めれば5科目を働きながら学習するには何かを犠牲にしなければなりません。

TOEICのテストを最後に受けたのは鑑定士試験に合格する10年も前、さびついた語彙力とリスニング力を磨きなおすこと半年でTOEICテストを受験してみました。
800点を目標にしていましたが、わずかに1問届かず残念な結果に終わりました。

その後半年ごとに試験を受けてきましたが、同じような点数でどうしても800点には届きません。

鑑定士試験でもそうですが、ある一定の水準までは独学で可能ですが、他人よりも抜きんでるには、客観的な自己分析と対策が効果的です。

私は、Readingでは400点を超えていたので、Listeningに弱点がありました。
TOEICの公式HPで過去の平均点を見てみると、常にListeningの点数がReadingを上回っています。

私はほとんどListeningとReadingが同じかReadingの方が高い場合が多かったので、Listening対策が必要ということです。

Listeningに特化した参考書を初めて購入してみたら、目から鱗です。
現在進行形の説明文が正解となるためには、「まさに~している写真」 が写っていないといけないというのです。私はほとんどこのパターンで引っかかっていました。

また、購入した参考書には、1.5倍速のモードのListening教材もありますので、「巨人の星」ではないですが、通常のListeningがスローモーションのように聞こえます。

今回は800点ではなく850点を目標に頑張ります。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
TOEIC(R)TESTリスニングTARGET900

TOEIC(R)TESTリスニングTARGET900

  • 作者: 森田 鉄也
  • 出版社/メーカー: Jリサーチ出版
  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: 単行本
TOEIC TEST英文法―TARGET 900

TOEIC TEST英文法―TARGET 900

  • 作者: 森田 鉄也
  • 出版社/メーカー: Jリサーチ出版
  • 発売日: 2013/04
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

平成28年度不動産鑑定試験合格発表 [資格試験]

今週は、平成28年度の不動産鑑定士試験の合格発表がありました。

ootemachi.jpg

私の勤務する事務所でも合格者が出て、間近に合格を確認した様子を見て、2年前の自分の合格時のことを思い出しました。

事務所内には毎年何人も受験者がいますので、よく分かるのですが、合格する人にはある共通点があると思います。

一生懸命勉強しているというのは当然ですが、勉強だけでなく仕事も頑張っているということです。

仕事がうまくいっていると、上司の受験に対する理解も得やすく、試験休みが取りやすい、精神的な余裕があるので、生活のリズムがよく勉強の時間も質も確保できるというようなことが影響していると思います。

私も前職では合格した年は営業成績もよく、かき入れ時の週末と営業会議の月曜日を休んで試験を受けても誰も文句を言う人はいませんでした。

合格するには、まず勉強ではなく勉強できる環境をつくるのが大切なのです。

私が不動産鑑定士試験に合格して最もよかったのは、人間的に前向きな実務修習同期と出会えたことです。

殆どの方が仕事をしながら、もしくは休職できる環境と蓄えを確保して少なくとも1年以上必死に勉強してきた人たちですので、人間的にみな尊敬できます。

成績がよくてなかなか試験に受からない人の多くは、人間的に魅力のない人が多いような気がします。

必死に勉強した人の中から14.5%しか受からない試験ですので、最後は気力がものを言います。

人よりも1文字でも1点でも勝ろうとする気力が最後に他の人たちとの差となると思います。

今回残念だった人は、まずは自分の環境を変えることからスタートしてはどうでしょうか。


 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
不動産鑑定行政法規の知識

不動産鑑定行政法規の知識


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

不動産鑑定士論文式試験まで1週間 [資格試験]

今週末にようやく第5回分の実地演習内訳書と評価書を出し終えていよいよ次は最終回です。
haneda2.jpg
関東は梅雨も明けて皆お盆休み前のそわそわした気分ですが、鑑定業界では論文式試験1週間前ということで、重苦しい空気もあります。

今年の論文式試験はいつもと違って1週間ほど後送りのようになっていますので、受験生の皆さんにとっては、いつもより1週間余計に勉強できて嬉しい半面、体力的にはかなり厳しいのではないでしょうか。

長年の受験経験から培った超直前期のアドバイスを挙げると、

1.筆記用具にはこだわる
 私はパイロットの「ドクターグリップ」を愛用していました。グリップが柔らかく太くて3日間の試験でも指がいたみづらい。また、ペン先のボールの滑りが良く通常のボールペンより早くかけます。

2.昼食は試験会場内でおにぎりのみ
 合格した年以外はいつも気分転換のために会場近くで外食していたのですが、会場の1/3くらいの人は会場内でお弁当でした。最も記憶定着力が高いはずの試験直前に無駄に時間を使っていては受かるわけはありません。

3.良好な受験環境を作るためのお金は惜しまない
 普段はけちな私ですが、この時期ばかりは効率を重視しお金を使いました。
快適な睡眠のための低反発マットレスを試験直前期に購入し短く深い眠りで勉強時間の確保をしました。
 古い参考書ではライバルに勝てるわけはないので、最新の参考書を毎年購入し、合格年にはオプション講義も申し込みました。

以上まとめれば、短答式も考えれば上位4%以内を選抜する試験ですので、自分の行動は4%以内に入っているかを常に考え頑張ればおのずと合格すると思います。


合格してからも勉強は続きますので、勉強が嫌いな人にはお勧めしません。
受験生に負けないよう、私もこれから借地権、賃料の評価の勉強をします。


 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
パイロット ドクターグリップ Gスペック A/フラッシュブラック
アイリスオーヤマ マットレス エアウレタン 低反発 シングル MTRT-S

アイリスオーヤマ マットレス エアウレタン 低反発 シングル MTRT-S

  • 出版社/メーカー: アイリスオーヤマ(IRIS)
  • メディア: ホーム&キッチン

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

不動産鑑定士短答式試験 合格発表 [資格試験]

今週は、不動産鑑定士短答式試験の合格発表がありました。
haneda.jpg
ちょうど1年前の合格発表時に試験制度改革の発表があり、実務経験がない人でも受かりやすくなるとの趣旨でしたので、どれだけ若い受験者が増えるか注目していました。

合格者の平均年齢は27年度の39歳から37.8歳へ若返り、30歳未満の受験者数も270名から333名に大幅に増加し、合格率も37.8%から38.7%となり全体の合格率の32.6%を大きく上回りました。

全体の受験者数は、1473人から1568人と95人しか増えていませんので、増加分の約66%を30歳未満が占めたことになりますので、アナウンス効果はあったと言えるでしょう。

短答式試験に比べ、本番である論文式試験は試験範囲が広く、試験自体も3日間、12時間もあり、正直、もともと中年以上には厳しいので、今年の論文式試験の合格者もさらに若返ることになるでょう。

私の修習同期の40代以上の方も皆見た目だけでなく体力的に若い方が非常に多いです。
私も成績が上がり始めたのは運動を始めてからです。
最初は数キロのウォーキングから始めて、試験合格時には何と10kmを1時間程度で走れるくらいになっていました。

実務についてからも、実査時には屋上の確認での階段の上り下り、広大な倉庫や店舗の確認など体力勝負な面もあります。

短答式合格はあくまでもスタートラインで、合格者のほとんどは鑑定士に合格することなく途中であきらめてしまうような大変な試験です。

収入面はその人次第ですが、間違いなく尊敬される職業ですので、是非短答式合格者の方は次の論文式試験合格までたどりつけるよう頑張ってほしいです。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

こんなにおもしろい 不動産鑑定士の仕事

  • 作者: 大島 大容
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/09/26
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

不動産鑑定士修了考査合格後の実務修習同期会 [資格試験]

ゴールデンウィーク真っ最中の今週、実務修習同期会に行ってきました。
tyharbor.jpg
3月11日に修了考査の合格発表があったばかりで、参加者の過半数は1年コースの合格者です。
2年コースで来年修了考査を受ける私としては考査の状況を根掘り葉掘り聞きたかったのですが、彼らにとってはもう終わったことなのであまり多くを語りません。

そんな中でも分かったのは、就職面接と同じで「空気を読む」ということです。
修了考査の面接官も不動産鑑定士なので、決してコミュニケーション能力が高い人ばかりではありません。
面接官の中には明らかに緊張していると思われる方もいたようで、ほとんど会話のキャッチボールができないこともあったようです。そんな場合でもあせらず分かる範囲のことを一生懸命答えていたら大丈夫だったとのことです。
もう1年も前に出した初めての内訳書は今見なおすと間違いや矛盾だらけということもあります。
変に失敗を取り繕うことなく、素直に間違いを認め、かつ、訂正ができればベストということです。

集まった合格者の皆を改めて見てみると、皆、素直で謙虚です。

受験勉強期間1年、修習1年の最短で鑑定士となった人もいれば、何年もかかってようやく資格を手にした人もいます。

それぞれの将来ビジョンなども聞いてみたかったのですが、バカ話だけで時間切れとなってしまいました。

そういえば、来週末は短答式試験です。
短答式が終わると8月の3日間にわたる論文式試験、合格後1年から3年の実務修習、そして修了考査と長い道のりですが、その困難を乗り越えた人だけが不動産鑑定士になれます。

無事鑑定士となっても常に勉強を続けないと取り残されてしまいます。

これらの制度は勉強し続けられる人を選抜するためにある試験だと思いますので、勉強をやめた途端に無資格者になると思って今日も頑張ります。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

ベーシック不動産実務ガイド(第2版)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2015/12/19
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 資格試験 ブログトップ