So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

再評価の依頼 [鑑定実務]

今週は3年前に実査に訪問した同じ不動産の評価に行って来ました。
minato city hall.jpg
不動産鑑定評価の依頼は再評価の割合が非常に多く、証券化不動産、財務諸表関連、担保、公的評価等多くの依頼目的の評価が定期的に再評価があります。

もちろん、3年前は鑑定士にまだなってなかったので評価はできませんでしたが、役所調査や付属資料の作成等初めて本格的に評価に関わった物件の再評価でしたので、懐かしさとともに3年間という月日があっという間だったと感じました。

再評価は対象不動産確定・確認、行政調査や地域分析、個別分析等一度やったものの見直しなので非常に楽ですが、今ひとつ面白みはありません。

ただ、以前採用した事例にどのようなものが建っているか、賃料相場や空室率は予想通りになっているかという別の視点を持って再度確現地認に行くと少しは楽しめます。

また、依頼者や管理者からここ3年間の変化をうかがうのも大変参考になります。

対象不動産は都心部の築浅物件だったので、物件自体にはあまり変化はありませんでしたが、自分自身3年間で物件を見る目が進歩しているかを確認できるいい機会となりました。

繁忙期もあと1か月で終わりますので、気合を入れなおして頑張ります。

そういえば、昨日の幻の実務修習修了考査合格発表を楽しみにしていた方も、もう1週間ばかり準備期間が増えたと前向きにとらえ、申請に必要な公的書類の取得等をしておきましょう。

 少しでも役に立ったら、ここをクリックして、人気blogランキング応援お願いします



にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
コンクリート構造物の維持管理

コンクリート構造物の維持管理

  • 作者: 小林 一輔
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2006/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。